債務整理とブラックリストの関係

 債務整理をするとブラックリストに載る

 

基本的に、債務整理をするとブラックリストに載ります。もちろん、債務整理をしたからといって100%ブラックリストに載るわけではないのですが、基本的にはブラックリストに載るものと思っておいたほうがいいでしょう。ブラックリストに載るということは、信用情報機関に債務整理をしたという情報が登録されるということになります。
ブラックリストに載ると、具体的にどのようなことになってくるのでしょうか。まず、新規での借り入れなどができなくなります。借り入れをしたり、ローンを組んだりといったことができなくなってくるのです。日常的に借り入れやローンを利用していた方にとっては、生活にかなりの制限が出てくるかもしれません。
しかしながら、そのような借り入れやローンで借金が膨れ上がって結果的に債務整理をすることになっているのですから、そういったことができない生活というものに慣らしていくのも大切なことでしょう。実際に、借り入れやローンを利用することなく生活している方もいるのです。そういった生活ができるようになれば、借金や債務整理のお世話になることもなくなるでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 一生ブラックリストに載り続けるわけではない

 

ただ、人生にはいろいろなことが起こるものです。いざというときのために、借り入れやローンという選択肢があったほうが安心ではあります。ブラックリストに載ってしまうと、借り入れやローンが一生利用できなくなるのでしょうか。もちろん、一生ブラックリストに載り続けるわけではありませんし、一生借り入れやローンが利用できないわけではありません。
ブラックリストに載るのは、基本的に5年から10年ほどになります。最長でも10年ですので、10年我慢すれば、新規に借り入れやローンを利用することができるのです。もちろん、期間としては短くはありません。ただ、一生使えなくなるわけではありませんので、希望を持っておきましょう。
最近では、ブラックリストに載っている情報を削除する、綺麗にするといった詐欺も出てきています。基本的にブラックリストに載った情報というのは、お金を対価に書き換えられるようなものではありません。早くブラックリストから削除されたいという方もいるでしょうが、こういった詐欺には引っかからないようにしておきましょう。詐欺に引っかかれば本当にお金を無駄にしてしまうだけです。