使用しているクレジットカードにハサミを入れて金融機関に返却することに

 ハサミを入れて金融機関に返却する意味について

 

債務整理をおこなうには、クレジットカードを返却することになります。ただ返却するのではなく、クレジットカードにハサミを入れて返却することになるのですが、もちろんこれには意味があります。その意味を理解した上で、債務整理、クレジットカードの返却をおこなっていくようにしましょう。
そもそもクレジットカードというのは、あくまでも金融機関から貸してもらっていたものです。そのクレジットカードを使って借り入れをして、最終的には債務整理をおこなうことになっているのですから、当然、以前のようにはクレジットカードは使えません。これは「もう使わせませんよ」という意思表示でもあるのです。
また、現実的に不正使用を防ぐという目的もあります。クレジットカードの不正使用については、世界各国いたるところで問題になっています。クレジットカードにハサミを入れることによって、その時点から確実に不正使用というものはできなくなります。ハサミを入れたクレジットカードを返却するというのは、不正使用ができない状態であるということの証明でもあるのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 クレジットカードの期限切れのときとは違う

 

債務整理前にクレジットカードを問題なく使っていた方というのは、過去にクレジットカードへハサミを入れた経験もあるのではないでしょうか。クレジットカードには有効期限がありますので、その有効期限が切れて新しいクレジットカードが送られてきたときに、古いほうにハサミを入れて、自宅で処分したという経験のある方も多いでしょう。
しかしながら、債務整理でクレジットカードにハサミを入れるのと新しいものが到着したときに古いものにハサミを入れるのとでは、意味が大きく異なってきます。古いものにハサミを入れる場合には将来性がありますが、債務整理でクレジットカードにハサミを入れるのには、将来性はありませんし、ひとつのけじめでもあるのです。
債務整理でクレジットカードにハサミを入れるように言われたときに、有効期限の切れた古いクレジットカードにハサミを入れるときと同じような感覚でいたのではいけません。これから先はクレジットカードが使えなくなるのですから、この行為の重さというものをしっかりと考えていきたいものです。ただ、クレジットカードがなくとも生きていくことはできます。