自分でできる任意整理?

 任意整理は自分でもできる

 

任意整理というと、「裁判沙汰になるのでは・・・」と不安になってしまう方もいることでしょう。しかしながら、任意整理において裁判所というのはまったく関係してきません。というのも、任意整理というのは法的な手続きではないのです。そのため、法的な知識がない方でも任意整理をおこなうことができます。
ただ、法的な知識が必要ないといっても、金融関係の知識というのは必要になりますし、手順なども把握しておく必要があります。自分で任意整理をおこなおうするのであれば、基本的にはお金を貸している側である債権者との交渉をすることになります。
もともとそれなりの知識のある方が自分で任意整理をしようとすれば、そこそこの結果が得られるかもしれません。しかしながら、右も左もわからないような状態で勢いだけで任意整理の交渉をすると、逆にもっと不利な条件を突き付けてくるかもしれません。基本的に債権者のほうは素人として甘く見ていますし、そもそもまともに取り合ってもらえないということもあります。
自分ひとりで任意整理ができれば、弁護士や司法書士の方に依頼する手間も省くことができますし、費用の節約にもなります。しかしながら、それ以上にリスクのある行為であるということを忘れてはいけません。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 弁護士や司法書士の方に任せたほうが安心ではある

 

任意整理は法的な手続きではありませんので、自分でもできるものです。しかしながら、弁護士や司法書士の方に任せたほうが確実に安心です。相談する手間や依頼にあたっての費用もかかりますが、それだけの価値はあるものと思っていいでしょう。
自分で任意整理したときには得られないようなメリットもあります。例えば、弁護士や司法書士の方に任意整理について依頼をしたとします。依頼を受けると受任通知というものを債権者へ送ることになりますので、これによってそれまで頻繁にあった取り立てというものがピタッとストップするのです。
また、弁護士や司法書士の方というのは交渉においてはまさにプロフェッショナルです。自分だったら言い返せないようなところでもしっかりと言い返してくれますし、それによって相手を言いくるめるということもできるかもしれません。「餅は餅屋」という表現がありますが、まさにこういったお金の絡んだ交渉こそ弁護士や司法書士の方、プロフェッショナルの方に任せてしまうべきなのです。