自己破産を行うための条件

 返済不能であること

 

自己破産というのは、債務整理の中でも最終手段といってもいいものです。自己破産以外の債務整理の方法においては、安定した収入があるというのが大前提になってくるのですが、自己破産においてはこの大前提はありません。安定した収入がなくとも、自己破産の手続きをとることができるのです。
というのも、自己破産というのは返済できなくなった方が利用する手続きなのです。もちろん、仕事があっても返済できないということはあるでしょう。しかしながら、仕事がなければ、返済というのはさらに絶望的になってきます。仕事がなければ、売れるものを売り払ってお金を工面していくことになるでしょう。その結果、仕事もない、資産もない、返済もできないという状態に陥ってしまうものです。
返済ができず、これ以上はどうしようもないという方のみ自己破産の選択ができるのです。仮に、仕事があって収入があっても、そこから最低限の生活費を引いて、残りの金額で3年以内に返済ができないということであれば、自己破産は認められるでしょう。自己破産においては、返済ができないというのが大前提になってくるのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 借金の原因がギャンブルや浪費ではない

 

自己破産においては、その借金の理由というのも大きなポイントになってきます。膨れ上がってしまった借金の理由というのは人それぞれかと思います。生活費のために借金をしてしまったという方もいれば、医療費のために借金をしてしまったという方もいるでしょう。こういった理由であれば、問題なく自己破産の選択ができます。
中には、パチンコや競馬などのギャンブルのために借金をしてしまったという方もいるかもしれません。残念ながら、ギャンブルや浪費が理由で借金をしてしまった場合には自己破産というのは認められません。ギャンブルや浪費で借金をしてしまった方は、自己破産以外の選択を考えていく必要があります。
ただ、ごくまれになのですがギャンブルや浪費で借金をしてしまった場合でも自己破産が認められる場合があります。これは可能性としては低いですし、実際に自己破産が認められた場合には相当運がよかったというレベルです。基本的には難しいと考えておいたほうがいいのですが、依頼する弁護士や司法書士の方によってはうまくやってくれることもありますので、諦めずにいろいろな弁護士や司法書士の方に相談を続けるというのもひとつの方法かもしれません。