自己破産の全体の流れ

 同時廃止の場合

 

自己破産は本人の状況によって、手続きが異なってきます。20万円を超えるような財産がすでにないという方の場合には、同時廃止という形で自己破産をおこなっていくことになります。弁護士や司法書士の方は、依頼を受けると受任通知書というものをお金を貸している側である債権者に郵送します。さらに、自己破産申し立て書類を作成し、裁判所へと実際に自己破産の申し立てをおこなっていきます。
申し立て後には審尋というものがおこなわれ、裁判官から質問をされることになります。審尋の後には、裁判所の決定が債権者のほうに通知されることになります。続いて、官報に申し立て本人の名前と住所が掲載されることになります。そこからしばらくして破産の確定があり、最後にまた裁判官からの審尋がおこなわれます。また、そこからしばらく経ってから免責の確定がおこなわれます。
免責の確定によって、ようやく借金がゼロになります。かなり時間はかかりますが、基本的には弁護士や司法書士の方に任せて、その指示に従っておけば問題はありません。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 破産管財の場合

 

自己破産をするものの、20万円以上の価値のある財産を保有しているといった場合には、破産管財という形で自己破産をおこなっていくことになります。同時廃止の場合とはまた違ってきますので、注意しておきましょう。
弁護士や司法書士の方は、自己破産の依頼を受けると受任通知書というものを債権者に郵送することになります。次に、自己破産申し立ての書類を作成し、実際に裁判所へと自己破産の申し立てをおこなっていきます。
裁判所への申し立てがおこなわれると、審尋で裁判官から質問を受けることになります。審尋の後には、裁判所から破産決定の通知が債権者へと送られ、改めて債権の調査がおこなわれるようになります。
債権者を確定したら、今度はその債権者を招集して、集会をおこないます。それぞれの債権者の債権額から配当手続きがおこなわれ、配当が済んだ時点でようやく破産手続きが終了することになります。最後にまた審尋があり、免責の確定がおこなわれ、ここでようやく借金がゼロになります。
こちらの自己破産に関しても基本的には弁護士や司法書士の方に任せて、指示に従っておけば問題ありません。しかしながら、こちらの自己破産のほうが時間はかかってしまいます。1年くらいかかることもありますので、そのあたりは覚悟しておいたほうがいいでしょう。