自己破産で残せる資産と残せない資産

 自己破産で残せる資産について

 

自己破産というと、資産をまったく残すことができないものと思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、処分しなければいけない資産も出てくるのですが、だからといって資産をすべて取られてしまうわけではありません。自己破産をする方にだって、最低限の生活をしていく権利はあるのです。無一文になってしまっては、最低限どころか生きていくことができません。
では、自己破産で残せる資産を具体的に挙げていきましょう。まずは、現金です。自己破産をすると貯金ができないと言われているのですが、99万円以下の現金であれば残すことができます。次に、現金以外の財産なのですが、これは価値として20万円以下のものであれば残すことができます。例えば、中古車であっても価値が20万円以下であれば残すことができますし、中古車として50万円の価値があるということであれば処分しなければいけません。
生活していくためには、家具や家電、生活用品なども必要になってくるかと思いますが、こういったものも資産として残すことができます。化粧品や薬なども残すことができますので、安心してください。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 自己破産で残せない資産について

 

自己破産で残せない資産についてですが、まず挙げられるのは住まいです。住宅ローンを完済していたとしても、自己破産をするのであれば住まいを処分しなければいけません。住まいというのは人生におけるもっとも大きな買い物と言われますが、大きな買い物だからこそ大きな資産になります。自己破産は資産がない代わりに借金をゼロにするという手続きになりますので、大きな資産である住まいをキープしたまま自己破産というのはできないのです。
現金に関しても99万円以上は残すことができませんし、20万円以上の価値のあるものも資産として残すことはできません。例えば、亡くなった両親の形見となるアンティークの時計があったとして、それが20万円以上の価値があるということであれば、形見など関係なく処分しなければいけないのです。
基本的に最低限の生活をするにあたって、必要のない価値のあるもの、必要以上の現金というのは残すことができないのです。住まいを持っている場合には、住まいも残すことができません。自己破産で資産として残すことのできないものというのは、ざっとこのような感じになります。こういったことを理解した上で、自己破産を考えましょう。