借金の時効の援用

 借金の時効の援用=消滅時効の援用

 

借金には時効があるのですが、だからといって借金をそのまま放置していていいわけではありません。というよりも、借金の時効を主張するのであれば、それ相応の手続きをしていく必要があるのです。中には、お金を貸している側である債権者のほうに直接「時効だからもう払いませんよ!」と連絡を入れることを考えている方もいるかもしれませんが、逆に不利になる可能性がありますので、やめておきましょう。
基本的に借金の時効の援用は、弁護士や司法書士の方に依頼することになります。弁護士や司法書士の方に依頼すると、借金の時効の援用ではなく、消滅時効の援用という表現を使われることになるかと思います。意味するものは同じですので、不安になる必要はありません。
ちなみに、援用という言葉の意味がいまいちわからないという方もいるかもしれません。借金の時効の援用というのは、「時効という制度があるので、それを使わせてもらいますよ〜」と相手に伝えることを意味しています。そのために、時効援用通知書というものを郵送することになります。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 弁護士や司法書士の方が郵送する時効援用通知書について

 

弁護士や司法書士の方に借金の時効についての相談をして、依頼を受けてもらえるとなったら弁護士や司法書士の方が時効援用通知書というものを郵送することになります。これから借金の時効という制度を利用するにあたって、非常に重要な書類になってきます。そのため、普通郵便で送るようなことはありません。
基本的に時効援用通知書は、配達証明付きの内容証明郵便で郵送することになります。というのも、重要な書類だからこそ事故や紛失というものを避けたいという部分があります。また、本当は受け取っているのに、「来てませんけど?」としらばっくれる可能性もゼロではありません。いつどのような内容の郵便物を確実に届けましたという証明をするために、この方法で郵送するのです。
借金問題に限ったことではないのですが、言った言わない来た来てないといったことで揉めると非常に面倒になりますし、時間も無駄になります。そういったことを防ぐ目的もありますし、配達証明付きの内容証明郵便であれば、仮に裁判になってしまっても裁判での有力な証拠として提出することができるのです。借金の時効における手続きの中でももっとも重要な書類であるといっても過言ではないでしょう。