借金の時効は何年?

 借金の時効は5年か10年

 

借金に時効があるというのは、借金を抱える方にとってはまさに朗報なのではないでしょうか。しかしながら、重要になってくるのはその借金の時効が何年なのかということです。正確には借金の消滅時効期間と呼ぶのですが、これは基本的に5年か10年になります。
返済の期日や最後の返済から5年か10年経つと、借金の時効が成立することになります。この5年か10年というのは、それぞれお金を貸す側である債権者とお金を借りる側である債務者の立場によって変わってきます。そのため、自分の抱えている借金の時効については、自分の立場や債権者の立場をしっかりと理解しておかなくてはいけません。

 

 借金の時効が5年の場合

 

では、借金の時効が5年となるケースについて具体的に見ていきましょう。会社として運営している金融業者から借り入れをしている場合、個人でやっている金融業者から自分の商売のために借り入れをした場合、信用金庫から会員の商売のために借り入れをした場合も時効期間は5年となります。
また、銀行から借り入れをしている方も多いでしょうし、銀行での借り入れの時効が気になるという方も多いでしょう。銀行に関しては、基本的にどのような形での借り入れであっても時効期間は5年になります。
さらに、債務者に代わって返済をしてくれる保証協会というものもあります。代わって返済した分を保証協会から請求されることもあるのですが、これに関しても商売のための借り入れということであれば5年が時効期間になってきます。基本的に商売のための借り入れの場合には、5年になるケースが多いのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 借金の時効が10年の場合

 

では、借金の時効が10年の場合についてご紹介していきましょう。個人で金融業者をしているところから借り入れをした場合、信用金庫からの借り入れの場合、住宅金融支援機構からの住宅ローンの場合、保証協会からの請求の場合などが10年の時効期間になります。もちろん、先で挙げた時効期間が5年になるような商売の絡んだケース以外での話になります。
借金に時効はありますが、最長で10年ということになります。どこから借り入れをしているのかにもよりますが、基本的に商売に関係のない借り入れに関しては10年が時効になるものと考えておいたほうがいいでしょう。10年というのは結構な期間になりますので、時効が来るのを待つというのは難しいのではないでしょうか。