過払い金返還請求のデメリット

 ブラックリストに載る可能性がある

 

過払い金返還請求のデメリットということですが、過払い金返還請求をするとブラックリストに載ってしまう可能性があります。ただ、これは返済中の借り入れに対して過払い金返還請求をした場合に限ります。また、過払い金返還請求で戻ってきたお金で借金を完済することができた場合には、ブラックリストには載りません。
ブラックリストに載ると、新規での借り入れやローンといったものが利用できなくなってしまいます。それまで当たり前のように借り入れやローンを利用していた方にとって、これは大きな打撃になります。万が一というときに借り入れやローンに頼れないということで、不安を抱えたままになる方も多いのではないでしょうか。

 

 過払い金返還請求後、その金融業者からは借りられない

 

過払い金返還請求では、確かに払いすぎた利息の分のお金が返ってきます。確かにそれはメリットになるのですが、その一方で過払い金返還請求をした金融業者からは二度と借り入れができないというデメリットも発生してしまいます。便利でよく使っていた金融業者に過払い金返還請求をしてしまえば、いくら便利でももう二度と利用することはできないのです。
というのも、過払い金返還請求というのは金融業者にとってかなりのダメージとなります。金融業者としては、過払い金返還請求をするような顧客を受け入れたくないというのが本音でしょう。一度過払い金返還請求をすれば、「今後もする可能性がある」と見なされますので、その金融業者から借り入れをすることは二度とできないのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 完済してから10年がタイムリミット

 

過払い金返還請求にはタイムリミットがあります。過払い金返還請求のタイムリミットというのは、完済してから10年です。昔借り入れしていたところでかなりの金額の過払い金が発生していたとわかっても、完済から10年経っていれば過払い金返還請求はできないのです。
「過払い金返還請求はお早めに」といった表現をよく見聞きするのは、タイムリミットがあるからなのです。10年経っていないということであれば、過払い金返還請求をすることができますが、どんなに大きな金額の過払い金が発生していたとしても完済して10年経っているということであれば、諦めるしかありません。本来であれば返してもらうべきお金ではあるのですが、タイムリミットがあるという部分がデメリットになってくるでしょう。