過払い金返還請求は示談か訴訟か?

 過払い金返還請求の示談はあまりよい内容ではない

 

過払い金返還請求では、金融業者のほうが「こういう条件でどうですか?」と示談を申し出てくることがあります。もちろん、金融業者によって示談の内容というのは変わってくるのでしょうが、基本的に金融業者のほうから申し出てくる示談内容というのはあまりいいものではありません。
特に、過払い金返還請求を弁護士や司法書士の方に依頼せず、個人でおこなっている方の場合には、「素人だからわからないだろう」と逆に損をするような示談内容を提示してくることもあるのです。要は、舐められてしまうのです。よくわからないまま示談に応じてしまうと、後で悔しい思いをすることになりますし、何よりも損をしてしまいます。
金融業者の中には、誠実で良心的な対応をしてくれるところもあるのですが、やはり示談となってくると、過払い金返還請求をおこなっている本人ではなく、金融業者自身にとって有利な条件で提示をしてくるものなのです。本人が納得した上で、絶対に後悔しないと言い切れるのであれば、示談に応じてもいいでしょうが、それ以外の場合には金融業者からの示談内容には応じないほうがいいでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 時間はかかるものの訴訟のほうが確実ではある

 

過払い金返還請求においては、訴訟のほうが確実です。基本的に過払い金返還請求においてはお互いに条件を提示して、それで納得できるかどうか話し合いをしていくことになります。お互いに納得のいく条件で話し合いがまとまれば和解ということになりますが、和解にならない場合には訴訟をしていくことになります。
特に、過払い金返還請求において満額の回収を希望している方であれば、かなりの確率で訴訟をしていくことになるでしょう。訴訟となると、時間がかかります。もちろん、和解でもかなりの時間がかかるのですが、訴訟は確実に一定期間の時間がかかるのです。ただ、訴訟になってくるとそれだけで弱気になって金融業者が手のひらを返したように条件を飲むということもあります。逆に、ごねるようなこともあるので本当にさまざまです。
弁護士や司法書士の方によって、訴訟を前提に進めていくのか、和解を目指して訴訟を避けるのかというスタンスは変わってきます。ただ、訴訟であっても確実に希望通りの展開になるとは限りません。そういった点を十分に理解した上で、訴訟へと進めていくのか和解で納得するのかを決めていきたいものです。