過払い金返還請求の全体の流れ

 受任からの引き直し計算

 

まずは過払い金返還請求を依頼する弁護士や司法書士の方を探していきます。いろいろな弁護士や司法書士の方に相談をして、信頼できるところにお願いしましょう。弁護士や司法書士の方に過払い金返還請求の依頼をしたら、弁護士や司法書士の方が受任通知書というものを金融業者に郵送します。もし、このときにいまだに借り入れ中で金融業者からの取り立てなどがある場合には、この受任通知書によってストップさせることができます。
金融業者から取引履歴を開示してもらって、そこから適正な金利での引き直し計算というものをおこなっていきます。これによって、具体的な過払い金金額が明らかになります。この過払い金金額を返還してもらうことになります。

 

 返還請求から交渉

 

適正な金利での引き直し計算によって、具体的な過払い金金額が明確になると、今度はそれを請求する段階に入ります。過払い金返還請求書というものを弁護士や司法書士の方から郵送することになります。
ここから、弁護士や司法書士の方と金融業者との交渉がスタートします。交渉の仕方というのはさまざまで、書面のみでおこなう場合もありますし、電話でおこなうこともあります。返還交渉で金額や返還日などを決めていきます。これで金融業者が応じてくれない場合には、訴訟という形になってきます。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 合意からの返還

 

弁護士や司法書士の方と金融業者との交渉の中で、金融業者が返還に応じると、無事に合意ということになります。金融業者が合意すると、弁護士や司法書士の方と金融業者の双方で合意書というものを取り交わすことになります。
合意書を取り交わすところまで来たら、あとは決められた返還日までに過払い金が返還されるのを待つだけということになります。基本的に、弁護士や司法書士の方は返還日にきちんと過払い金が返還されるように監視をおこなってくれます。
過払い金返還請求の流れというのは、だいたいこのようになってきます。基本的には弁護士や司法書士の方に任せておけば問題はありません。そう難しいことを要求されることもありませんし、肝心な交渉に関してはプロフェッショナルである弁護士や司法書士の方がやってくれます。ただ、金融業者がどのような対応をするかはわかりません。そのため、過払い金返還請求における依頼者の希望がすべて通るわけではないということは十分に理解しておきたいものです。