過払い金返還請求で残せる資産と残せない資産

 過払い金返還請求で残せる資産について

 

過払い金返還請求というのは、債務整理のひとつになります。債務整理というと、残せる資産について制限が出てくるケースが多いものです。そのため、過払い金返還請求でも残せる資産に制限が出てくるのではないかと思っている方もいるでしょうが、実際には過払い金返還請求で残せる資産に制限は出てきません。
というのも、過払い金返還請求というのはあくまでも払いすぎてしまった利息を返してもらうだけのことなのです。本来であれば払う必要のないものを返してもらうだけですので、資産が制限されるということはありません。
住まいに自動車、趣味で集めている骨董品など基本的に自分の資産となるものはすべて残すことができます。過払い金返還請求のためにこういった資産を処分しなければいけないということもありませんし、現金に関しても「いくら以上は没収!」なんてことはありません。資産に関しては何も制限されることなく、それまでと同じ生活を送ることができるのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 過払い金返還請求で残せない資産について

 

過払い金返還請求というのは、先でもお話ししましたように資産に関係するものではありません。過払い金返還請求をおこなったとしても、資産に制限は出てきませんので残せない資産というのは基本的にないものと考えていいでしょう。
ただ、中には借り入れやローンを利用することのできる状態のことを一種の資産として考えている方もいるかもしれません。そういった方にとっては、制限が出てくる可能性もあります。というのも、過払い金返還請求をおこなうことによってブラックリストに載ってしまうリスクがあるのです。ブラックリストに載ってしまうと、借り入れやローンの利用ができなくなってしまいます。過払い金返還請求で万が一ブラックリストに載ってしまうと、そういった意味では資産の制限を受けることもあるかもしれません。
また、過払い金返還請求をおこなうと、過払い金返還請求をおこなった金融業者での借り入れやローンの利用が二度とできなくなる可能性もあります。過払い金返還請求というのは、金融業者にとっては当然不利益になります。今後も過払い金返還請求をおこなう可能性のある顧客を積極的には受け入れません。頻繁に使っていた金融業者に対して過払い金返還請求をおこなってしまうと、その金融業者を使えなくなるリスクもあるのです。