個人再生のデメリット

 ブラックリストに載ってしまう

 

個人再生をおこなうと、その情報が信用情報機関に登録されてしまいます。いわゆるブラックリストに載るという状態になってしまうわけです。ブラックリストに載ってしまうと、その後、新規の借り入れをしたり、ローンを組んだりといったことができなくなってしまいます。
もちろん、その状態が一生続くというわけではありませんが、最低でも5年は借り入れやローンの利用ができないものと思っておいたほうがいいでしょう。場合によってはその状態が10年近く続くこともありますので、いざというときに困るということはあるかと思います。

 

 借金がなくなるわけではない

 

個人再生においては、借金がなくなるわけではありません。もちろん、膨らみあがった借金を大幅に減らすことはできるのですが、借金がゼロになるわけではありません。借金を大幅に減らしてもらって、その残りの借金を確実に返済していかなくてはなりません。
基本的に減らしてもらった借金というのは、3年以内に完済することを前提としています。そのため、個人再生をした後、返済が始まってから3年間がもっとも重要といえるかもしれません。逆に言えば、3年間は確実に気が抜けないのです。
債務整理というと、「借金をチャラにしてくれる手続き」と勘違いしている方もいるのですが、債務整理にもいろいろな方法があります。個人再生に関しては、借金がチャラになることはありませんし、確実に返済が待っているのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 住宅ローン以外のすべての借金が対象になる

 

借金を抱えている方の中には、複数の業者から借り入れをしているという方も多いかと思います。A社、B社、C社からそれぞれ借り入れをしていて、何かしらの事情があってA社を除いたB社とC社のみの借金を整理したいということもあるかもしれません。しかしながら、個人再生においてそういった選択というのはできません。個人再生をするのであれば、基本的に住宅ローン以外のすべての借金を対象におこなっていくことになるのです。
住宅ローン以外で、「これを担保にしているから」「保証人に知られたくないから」という理由があって、手を触れないでおきたい借金もあるかもしれません。しかしながら、個人再生をするのであればそういった事情は関係なく、すべての借金をまとめて対象としてしまうのです。もし、整理する対象というものを選んでいきたいのであれば、個人再生以外の方法をとるしかありません。