個人再生Q&A

Q:個人再生は誰にも知られずにできますか?
A:基本的に職場に連絡が入ることなどはありませんので、職場の人に知られるということはまずないでしょう。ただ、同居している家族がいる場合には知られてしまう可能性があります。というのも、個人再生では裁判所のほうから同居している家族の収入を証明する書類を求められることがありますし、裁判所からの郵便も家族と同居している自宅に届くことになります。同居している家族に隠し通すのは難しいと思っていたほうがいいでしょう。

 

Q:アルバイトやパート、派遣社員でも個人再生はできますか?
A:基本的に住宅ローン以外の借金が5000万円以下で、安定した収入が継続的にあるという方であれば、個人再生は可能です。正社員といった正規雇用の働き方のみという決まりはありませんので、アルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用の方でも個人再生はできます。ただ、安定した継続的な収入といっても個人再生後の金額を十分に返済していくことのできる収入であることが前提になってきます。

 

Q:個人再生後に返済ができなくなったらどうすればいいのでしょうか?
A:まずは、個人再生をお願いした弁護士や司法書士の方に相談しましょう。もし、一定の条件をクリアしている場合にはハードシップ免責というものを受けることができます。その条件というのは、病気やリストラなどで返済ができなくなってしまった、4分の3以上返済が済んでいる、清算価値保障の原則を満たす、再生計画の変更が難しいというものです。これに当てはまる場合には、それ以降の支払いが免除されます。ただ、住宅ローン特則を利用している状態で返済ができなくなると、住まいを手放すことになります。そうならないためにも、最初から無理のない計画を立てておくことが大切なのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

Q:個人再生後、クレジットカードは使えますか?
A:基本的にクレジットカードは使えなくなるものと思っておきましょう。場合によっては、一部のクレジットカードが使えることもあるのですが、更新時にはほぼ確実に使えなくなります。最低でも5年は使えないものと思っておきましょう。

 

Q:ギャンブルや浪費が原因の借金でも個人再生はできますか?
A:ギャンブルや浪費が原因の借金でも個人再生はできます。借金の原因というのは、個人再生において問題にはなりません。ギャンブルや浪費が原因での借金でも恥ずかしがらずに個人再生を検討しましょう。