過去に個人再生したことがある場合の過払い金返還請求

 個人再生ってどんなもの?

 

個人再生というのは、債務整理の方法のひとつです。一般的に借金の整理となると、お金になるものはすべて手放して・・・というイメージがあるかもしれません。確かにそういう形での債務整理もあるのですが、個人再生では一定金額の現金、一定金額の財産、住まいを確保した状態で借金の整理をすることができます。
住宅ローンを支払いながら借金を圧縮し、その返済をすることができるという点が個人再生における大きな特徴になっています。ただ、住宅ローンの圧縮というのはできませんので、あくまでも住宅ローン以外の借金の圧縮という形になってきます。
ただ、個人再生においては残すことのできる現金や財産に制限が出てきます。借金を100万円まで圧縮したのに120万円の財産を残そうとするのであれば、借金も120万円に増やさなければいけないといった特殊なルールもあります。かなり制限の多い債務整理の方法ではあるのですが、借金をかなり圧縮することができますので条件の合う方にとっては非常に有効な方法です。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 個人再生後の過払い金返還請求は可能!

 

個人再生後に過払い金が発生していたことが発覚するというのは、よくあることです。今個人再生しようと思えば、過払い金が発生している場合にはそれも一種の財産と見なされることになります。そのため、個人再生前に過払い金返還請求をして、そのお金を返済にあてることになります。
しかしながら、個人再生を何年も前におこなっているという方の場合、過払い金についてなどは細かく調査されていない可能性があります。そのため、昔個人再生をしたけど、今になって過払い金が発生していたことに気付くということもあるのです。過去に個人再生をして、そのときに過払い金について考える余裕がなかったという方であれば、過払い金が発生している可能性は高いでしょう。
個人再生後であっても、過払い金返還請求は可能です。過払い金というのは本来であれば払う必要のないお金です。個人再生後であっても過払い金を返してもらいたいのであれば、過払い金返還請求をおこなっていくべきです。ただ、スムーズに過払い金が返還されるとは限りませんし、返還されないという可能性もあります。個人再生後でも過払い金返還請求自体は可能ですが、スムーズに過払い金を返還してもらえるのかというのはまた別問題になってくるのです。