個人再生のメリット

 住まいを残すことができる

 

個人再生のメリットとしてまず挙げられるのが住まいを残すことができるということです。借金に苦しんでいる方の中には、売れるものはすべて売却して、担保となるものはすべて引き渡して・・・という展開を考えている方も多いのではないでしょうか。確かに、そうなってしまう可能性というのもゼロではありません。
しかしながら、個人再生という債務整理の方法を選択すれば、住まいを確実に残すことができます。仮に住宅ローンが残っていたとしてもです。個人再生には、住宅ローン特則というものがありますので、これによって住まいを残したまま、借金の整理をしていくことができるのです。
ただ、住宅ローンがチャラになるわけではありません。住宅ローンは住宅ローンで返済していく必要がありますので、この点はしっかりと理解しておきましょう。ですが、住まいを手放さずに済むというのはそれだけでかなりありがたいことです。

 

 借金を大幅に減らすことができる

 

個人再生では、住宅ローンを除く5000万円以下の借金であれば、その借金を大幅に減らすことができます。個人再生を利用される方の多くは、膨れ上がった借金を5分の1まで抑えることができますし、借金を100万円まで抑えることもできます。金額によっては、10分の1まで抑えることもできます。
もちろん、5分の1や10分の1、100万円まで抑えられた借金というのは返済していかなければいけないのですが、膨れ上がってしまった借金に頭を抱えていた方であれば「これなら返済できる!」と前向きな気持ちにもなれるのではないでしょうか。個人再生は、債務整理の中でも大幅に借金を減らすことのできる方法なのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 資格制限がない

 

債務整理をしてしまうと、仕事に制限が出てくるものと思っている方も多いのではないでしょうか。一定の職業に就くことができなくなることを資格制限と呼ぶのですが、個人再生においてはこの資格制限というものはありません。弁護士や司法書士、税理士などの職業にも問題なく就くことができます。
職業以外では、取締役や後見人といったものになれないということもあるのですが、個人再生においてはこれも関係ありません。個人再生をしたからといって、「明日から仕事ができないのではないか・・・」という不安を抱える必要はまったくないのです。個人再生後でも夢だった職業を目指すということは十分に可能ですので、安心してください。