個人再生の全体の流れ

 弁護士や司法書士の方への依頼

 

個人再生の全体の流れということですが、まずは弁護士や司法書士の方に相談し、依頼するところからスタートします。基本的には弁護士や司法書士の方にお任せすることになりますので、自分でどうこうすることはそこまでありません。
弁護士や司法書士の方は依頼を受けると、お金を貸しつけている側である債権者へ受任通知書というものを送ります。「受任したので取り立てはやめてくださいね」「これまでの取引履歴を開示してくださいね」といった内容の書類になります。これによって取り立てなどがストップします。
さらに、弁護士や司法書士の方が申し立てのための書類を作成して、実際に裁判所へと申し立てをしてくれます。

 

 個人再生の開始と再生計画の決定

 

弁護士や司法書士の方が作成した書類に問題がなく、また個人再生の申し立てにあたって要件を満たしているようであれば、いよいよ個人再生の開始となります。裁判所のほうから個人再生委員の方が選ばれ、その個人再生委員の方と面談をすることになります。基本的に弁護士や司法書士の方が対応してくれます。
その後、債権届出異議申し立てを経て、債権総額が決定されることになります。そこから、なぜ個人再生をすることになったのかといった内容を記載した報告書を裁判所のほうへ提出することになります。このときに債務者の財産とその価格を一覧にした財産目録というものも提出することになります。
そして、今後どのように返済をしていくかを記載した再生計画案というものを裁判所へと提出します。そこから書面での決議か、意見聴取がおこなわれ、それを裁判所が許可するか不許可とするのかを判断し、決定が確定することによって個人再生の手続きが終了ということになります。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 返済の開始

 

再生計画案が許可されれば、後はその内容の通りに返済をしていくだけになります。基本的に支払い可能な計画であれば、許可されるでしょう。
個人再生はこのようにかなり細かな手続きが多くなってきます。自分でやろうと思えば大変ですが、基本的には弁護士や司法書士の方がやってくれますのでそう不安を感じる必要はないでしょう。
ただ、弁護士や司法書士の方に依頼しても個人再生というのは手続きの開始から終了までにかなりの時間がかかります。だいたい半年ほどはかかるものといわれていますので、そのあたりもしっかりと覚悟した上で個人再生をおこなっていきましょう。