個人再生で残せる資産と残せない資産

 個人再生で残せる資産について

 

個人再生は債務整理のひとつです。そのため、中には「個人再生をすると資産をすべて持っていかれるのでは・・・」と不安になっている方もいることでしょう。しかしながら、個人再生ですべての資産を持っていかれるということはありません。むしろ、個人再生というのは債務整理の中でも比較的に多くの資産を残せる方法でもあるのです。
ただ、何でも残せるというわけではありません。例えば、個人再生で返済額が100万円になったとします。この場合、返済金額と同等の価値のある資産のみを残すことができます。100万円の価値のある資産であれば残すことができますが、これが150万円の価値のある資産ということになってくると残すことはできません。
基本的に返済金額と同等の価値のある資産しか残すことはできないのです。もし、上記の例で150万円の資産を残したいという場合には、返済額を150万円までアップさせることによって資産を残すことができます。100万円の返済額のままでいくのであれば、その資産の一部を処分して50万円分を返済にあてるか、すべてを処分してしまってそのすべてを返済にあてるかという形になります。
また、住宅ローン特則を利用すれば住まいを処分されることはありません。住まいも資産としてしっかりと残していくことができます。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 個人再生で残せない資産について

 

個人再生で残せない資産についてですが、基本的に返済金額以上の価値のある資産に関しては残すことができません。処分して、それを返済にあてることになります。先でもお話ししましたように資産をとるか、返済をとるかは債務者次第ということになります。
また、自動車については要注意です。自動車ローンを完済してしまっているのであえば、それは資産として残すことができるのですが、ローンの返済中ということであればその自動車を取り上げられてしまう可能性があります。というのも、ローンの返済中というのはそのローンの債権者に自動車の所有権があるのです。
所有権が債権者にある以上、「返してください」と言われれば、それに従うしかありません。自動車ローンが残っている状態で個人再生をする場合には、この点に注意が必要です。ただ、自動車の所有権が車の販売会社などにある場合には引き渡しの拒否ができることもありますので、個人再生をする時点で、自動車の所有権がどこにあるのかということを確認しておきましょう。