個人再生とは

 個人再生ってどんなもの?

 

個人再生というのは、債務整理のひとつになります。比較的新しい債務整理のひとつになりますので、あまり知られていませんでした。しかしながら、最近になってようやくその認知も広まってきているようです。個人再生は裁判所を介して、借金の減額を目指していく手続きになります。
個人再生は、膨らんでしまった借金の中から3年間で確実に返済できる金額というものを決めて、あとは計画通りに返済していけば、残りの分を免除してもらうことができるという画期的な債務整理の方法です。確実に返済できる金額というのは、お金を借りている側である債務者が決めるのではなく、借金の総額に応じて決められています。
一般的な個人再生では、借金の総額の5分の1を3年以内に返済していくという形をとることが多いようです。借金が100万円以上500万円未満ということであれば、借金は100万円まで減額されることになります。もちろん、この方法を借金で悩んでいる方が全員おこなっていくと金融業というのは破綻してしまいます。そのため、個人再生ができるのは限られた方のみとなっています。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 個人再生では住まいを守ることができる

 

個人再生の大きな特徴となっているのが、住まいを守ることができるというところです。というのも、個人再生においては「住宅ローン特則」というものがあるのです。住宅ローン特則の正式名称は、住宅資金貸付債権に関する特則というものなのですが、これがあることによって住まいが守られることになるのです。
住宅ローンが終わっていないのに支払いが困難になってしまったという方もいるでしょう。まさにそういった方のためのものになります。住宅ローンの返済額が圧縮されたり、利息が免除されたりするわけではないのですが、支払いを繰り延べすることができます。要は、住まいを確保したまま他の借金の整理ができるようになるわけです。
借金問題を抱えている方の多くは、家にあるものをどんどん処分して借金の返済にあてていくことになります。それでも間に合わない場合には、強制執行ということでお金になりそうなものをどんどん差し押さえられることになります。中には、住まいを差し押さえられることもあるでしょう。「住まいだけはどうにか残したい」という気持ちを持っている方も多いかと思います。そういった方にとって、個人再生というのはまさに救世主のような債務整理の方法なのです。