任意整理のデメリット

 ブラックリストに載ってしまう

 

任意整理のデメリットということですが、まず挙げられるのはやはりブラックリストに載ってしまうということです。要は、信用情報機関に任意整理のことが記録されてしまいますので、金融機関からの新規での借り入れなどはできなくなってしまいます。
結局のところ、任意整理というのは借金返済に困っている方がおこなう手続きになります。言ってしまえば、借金をしたもののスムーズに返すことができなかったということになります。お金を貸す側である金融機関などは、きちんとした返済というものを前提にお金を貸しつけていますので、任意整理をした方に新規の貸し付けをおこなわないというのは至極当然のことともいえるでしょう。
ただ、借り入れが一生できないというわけではありません。だいたい5年ほどの期間になりますので、5年以上経てばまた借り入れができるようになります。

 

 そこまで大幅な減額は望めない

 

任意整理というと、大幅な借金の減額を期待している方も多いかもしれません。しかしながら、任意整理ではそこまで大幅な減額というものは望めません。というのも、任意整理というのはあくまでも毎月返済できる金額に抑えて、完済を目指すための手続きなのです。
いきなり借金が半額になる、3分の1になるということはありません。目安としては、利息分が軽減されるくらいに思っておいたほうがいいでしょう。基本的に借りた分はしっかりと返していくことになりますので、任意整理に対して過度な期待はしないようにしておきたいところです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 そもそも任意整理できない場合もある

 

任意整理というのは誰でもできるわけではありません。任意整理をするためにはいくつかの条件を満たしておかなければいけませんし、仮にその条件を満たしていてもお金を貸してくれている側である債権者のほうが任意整理の手続きに応じないということもあるのです。
特に、最近は任意整理手続きに応じない債権者が多くなっています。というのも、債権者としては貸した金額に利息をつけて返済してもらうことが前提になりますし、それが利益になっているわけです。任意整理というのはお金を借りている側である債務者にとってはありがたいものなのですが、債権者にとってはその利益を脅かすような手続きなのです。そのため、弁護士や司法書士の方がどんなに一生懸命頑張っても任意整理の手続きに応じてくれないということもあるのです。