任意整理を行うための条件

 仕事をしていて、安定した収入があること

 

任意整理というのは、あくまでも膨らんでしまった借金を返済できる程度に抑えていくというものです。決して、借金をチャラにするための手続きではありません。そのため任意整理後の返済のことを考えていく必要があります。
返済のためには、当然お金が必要になってきます。返済のためのお金を確保するためには、安定した収入が必要です。安定した収入を得るためには、仕事をするということが求められます。任意整理は返済をしていくことが前提になってきますので、仕事をしていて、安定した収入があるという方でなければ、おこなうことができません。

 

 3年くらいで返済完了できる金額であること

 

任意整理というのは、だいたい3年くらいで返済できるものに限ります。長くとも5年といったところでしょう。もちろん、交渉次第というところもあるのですが、基本的に長期間に渡る返済に対しては、お金を貸している側である債権者もいい返事をしません。長期間に渡る返済を前提に相談すると、そもそも司法書士や弁護士の方から断られてしまうということもあるでしょう。
基本的には3年くらい、長くとも5年以内に、返済が可能な金額であるというのも、任意整理におけるひとつの条件になってくるのです。毎月の返済のことを考えていっても、この期間内に返済できそうにないような大きな金額であれば、任意整理はできないのです。月々いくら返済できるかにもよりますが、1000万円などの大きな金額であれば任意整理はまず無理だと考えたほうがいいでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 返済の意思があることとすべての借金の開示

 

そして、基本的なことになりますが、借金返済の意思があることとすべての借金を開示するということも任意整理における条件となってきます。任意整理というのは借金をチャラにするための手続きではありません。あくまでも負担を軽くして、完済を現実的なものにするための手続きです。そのため、返済の意思があるというのは大前提になってきます。
また、任意整理にあたって、弁護士や司法書士の方に借金についての話をするわけなのですが、どんなに恥ずかしくとも、ここですべての借金について開示する必要があります。どのような理由があったとしても、ここで嘘の申告をしてしまえば、手続きが面倒になってしまうだけではなく、弁護士や司法書士の方に迷惑をかけてしまうことになります。正直に申告しましょう。