任意整理のメリット

 裁判所を通さないので安心

 

任意整理のメリットということですが、任意整理というのは債務整理のひとつです。債務整理というと、裁判所を通すのではないかと不安になっている方もいるかもしれませんが、基本的に任意整理では裁判所を通すことはありません。というよりも、裁判所が関係してくることというのはまずありません。
というのも、任意整理というのはあくまでも弁護士や司法書士の方がお金を貸してくれている側である債権者と交渉をしてくれるというものです。弁護士や司法書士の方と債権者との間でのやりとりのみになりますので、裁判所の出る幕はないのです。裁判所は関係ありませんし、法律系の知識がまったくなくても大丈夫なのです。

 

 完済が早まる

 

任意整理後には、将来発生する利息を免除されることになります。世の中には、利息ばかり支払って元金が減らないということで苦しんでいる方も多いものです。実際に、利息のせいで完済が遠のいている方もいます。しかしながら、任意整理後には将来発生する利息が免除されることになりますので、完済が早まります。
借金においては、利息をカットすることによって元金が減っていくようになります。そのため、確実に完済へと近づいていくことができるのです。いつまで経っても返し終わらない・・・という絶望的な気持ちからも救われることでしょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 借金の総額が減る

 

任意整理においては、利息制限法に基づいた計算をおこなっていくことになります。これによって、借金の総額が減ることになります。もちろん、借金がなくなるというわけではないのですが、借金が減るだけでも気持ちが前向きになっていくものです。
また、テレビコマーシャルなどでもよく見聞きする過払い金というものが発生していることもあります。この過払い金が発生している場合には、その過払い金を借金返済にあてることもできますので、さらに借金の総額が減ることもあります。

 

 一部の借金のみの任意整理もできる

 

いろいろなところで借り入れをしていた結果、任意整理が必要になってしまったという方も多いのではないでしょうか。任意整理というと借金のすべてを整理するようなイメージがあるかもしれませんが、任意整理においては一部の借金のみの任意整理もできるようになっています。住宅ローンや自動車ローンはそのままにしておいて、他の消費者金融からのキャッシングのみを任意整理するということも可能なのです。