任意整理の全体の流れ

 まずは相談と依頼

 

任意整理の全体の流れということですが、まずは任意整理についての相談をするところから始まります。弁護士や司法書士の方に相談することになるのですが、任意整理の相談を受け付けている事務所というのは非常に多い傾向にあります。人としての相性などもありますので、複数のところで相談をして比較検討していくといいでしょう。
何人かの弁護士や司法書士の方に相談をしてみて、「ここなら信頼できそうだ」というところを見つけたらそこで本格的な依頼に移りましょう。任意整理についてのいろいろな説明があるでしょうし、任意整理をするにあたってのスケジュールなどもここで詳しく教えてくれるはずです。費用面のことが不安になっている方も多いでしょうから、そのあたりもしっかりと聞いておきましょう。基本的にわからないことはどんどん質問していって問題ありません。

 

 受任通知の発送と借金の調査からの計算

 

正式に依頼を受けると、弁護士や司法書士の方がお金を貸してくれている側である債権者のほうに受任通知というものを発送することになります。これによって、これまで頻繁にあった取り立てなどもストップすることになります。取り立てがストップするというだけでもかなり安心できる方は多いでしょう。
受任通知の発送が完了すると、今度は依頼者の借金の調査をしていくことになります。履歴を調べていくことになりますので、基本的に嘘をついているとバレます。正直に申告しておきましょう。借金の履歴を把握し、そこから計算をしていきます。お金を借りている側である債務者が返済できる金額というものを金利なども踏まえて、計算し直していくのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 和解交渉と契約の締結、そして返済

 

返済できそうな金額を提示して、お金を貸してくれている側である債権者と和解交渉をしていくことになります。お金を貸してくれている側である債権者がその金額でOKということになれば、和解契約を締結することになります。
契約が締結されると和解契約書というものを渡されることになります。その書類には支払い開始日というものが記載されているかと思いますので、その支払い開始日から改めて返済を始めていくというのが任意整理の流れになります。基本的には難しい部分はすべて弁護士や司法書士の方がやってくれますので、依頼者は素直に借金の開示を含めて、自分の状況を開示するのみです。安心して任せておけばいいのです。