任意整理とは

 任意整理ってどんなもの?

 

任意整理というと、「怖いもの」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。確かに、任意整理というものをよく知らない方にとっては怖いものに思えるかもしれません。しかしながら、任意整理というものをきちんと理解していけば、怖いものではなく、むしろいざというときに役立ってくれるものとお分かりただけるかと思います。
任意整理というのは、簡単に言ってしまえば司法書士や弁護士の方がお金を貸してくれている側である債権者と交渉をしてくれるというものです。どんな交渉をしてくれるのかというと、返済の方法や返済する金額についての交渉になります。これによって、支払いできる金額や支払い方法というものを実現させてくれるのです。
払いすぎている利息がある場合には、それを元本にあてて返済金額を減らすということもできますし、将来の利息をカットして分割で支払っていくといったこともできます。もちろん、こちらの希望ばかりを聞いてもらうわけではなく、こちらもできることはやっていかなければいけません。「一部を一括返済するなら」という条件でその後の返済が楽になるというケースもありますので、こちらにまったくリスクがないわけではありません。
お金を借りている債務者の代わりに、今よりも返済しやすい条件というものを債権者に交渉してくれるのが司法書士や弁護士の方で、司法書士や弁護士の方がそういった交渉をしてくれることを任意整理と呼ぶのです。お金の問題に悩んでいる方は多く、債務整理を考える方というのは非常に多いものです。その債務整理の手続きの中のひとつがこの任意整理というものなのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 裁判所は関わらないので安心

 

債務整理を考えるほどお金の問題に追い詰められている方というのは、「いつか裁判になるのではないか・・・」といった漠然とした不安を持っているものです。そのため、中には「この任意整理でも裁判所が関わってくるのではないか・・・」と不安になっている方もいることでしょう。しかしながら、安心してください。任意整理では、裁判所は関わってきません。
任意整理というのは、先でもお話ししましたようにあくまでもお金を貸してくれている債権者と司法書士や弁護士の方の間でおこなわれる交渉のことです。債権者との任意交渉という形になりますので、裁判所が出てくる幕はないのです。裁判所が関わらないということは、そのための難しい書類なども用意する必要がないということです。