シンキの過払い金返還請求

 シンキと過払い金について

 

シンキは、新生銀行グループに属している消費者金融業者になります。何年か前には、旧レイクとして知られている新生フィナンシャルの完全子会社となりました。借り入れにあたって便利なサービスを展開していますので、まさに今利用しているという方も多いのではないでしょうか。
2007年以前には、かなりの高金利で貸し付けをおこなっていました。そのため、2007年以前にシンキから借り入れをしているという方であれば、過払い金が発生している可能性も高いと考えられるでしょう。その過払い金も結構な金額になっているかもしれませんので、是非確認しておきたいところです。
もともと、過払い金というのは支払う必要のないお金になります。もし過払い金が発生しているのであれば、堂々と過払い金返還請求をおこなっていくべきです。個人でやるよりも弁護士や司法書士の方に依頼したほうが確実に多くの過払い金が返ってくることになるかと思います。過払い金返還請求の際には、弁護士や司法書士の方に相談しましょう。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 シンキの過払い金返還請求への対応について

 

シンキの過払い金返還請求への対応についてですが、あまりスマートではないものの、最終的にはそこそこの過払い金返還が期待できるでしょう。弁護士や司法書士の方に依頼せず、個人で交渉した場合には20%から40%が返ってくれば上々といったところです。ただ、弁護士や司法書士の方に依頼すれば、60%ほどの過払い金が返ってくるでしょう。
中には、「60%じゃ納得いかない!」という方もいるかと思います。そうなってくると、訴訟という形になってきます。ただ、シンキは判決を避けたいという部分があるようで、訴訟提起をきっかけに80%以上の和解案を出してくることもあります。言い方は悪いかもしれませんが、シンキにおいてはねばればそれなりの割合で過払い金返還を引き出すことができるのです。
もちろん、ねばるということはそれだけ時間もかかるということになります。早期解決を目指すのであれば、早い段階で和解を成立させる必要があります。和解が成立してから2か月ほどで、過払い金が実際に支払われることになるでしょう。
シンキに関しては、最初は出し渋るといった印象です。しかしながら、こちらがねばることによって、最終的には結構な割合での過払い金返還が可能になってくるでしょう。お金と取るか時間を取るかによって方針も変わってきます。