特定調停の全体の流れ

 申し立てから調停委員の選出

 

特定調停の全体の流れということですが、特定調停はお金を借りている側である債務者が簡易裁判所へと申し立てをするところからスタートします。簡易裁判所は債務者からの申し立てを受けると、お金を貸している側である債権者のほうに「債務者の方が特定調停の申し立てをしますたよ〜」という書類を送ることになります。
この書類にはもう少しいろいろなことが書かれていて、債務者に取り立てをしないこと、これまでの取引の履歴を開示することなどもお願いという形で記載されています。そのため、債権者はこの書類を受け取ると債務者への取り立てをストップしなければいけません。
続いて、今度は簡易裁判所のほうで調停委員が選ばれることになります。この調停委員は必ずしも味方になってくれる存在というわけではありません。場合によっては、債権者の肩を持つこともありますので、言ってしまえば当たりハズレがあるのです。

 

 債権者との協議からの交渉

 

申し立てをした債務者は債権者との協議をしていくことになります。もちろん、この協議というのはお互いに面と向かっておこなっていくことになりますので、特定調停の協議期間中というのは直接裁判所へ足を運ぶことになります。
基本的には債権者との交渉をしていくことになるのですが、この交渉がうまくいかないということもよくあります。和解案というものを提示してそれに同意を得られれば、和解の成立ということになるのですが、債権者が同意しない場合には、また別の和解案というものを提示することになります。これらのことからもお分かりになるかと思いますが、特定調停をしたからといって申し立てをした債務者の希望がすべて通るというわけではないのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 調停成立からの返済開始

 

申し立てをした債務者と債権者との間で和解が成立すると、裁判所が調停調書というものを作ってくれます。この調停調書には今回の特定調停で決まった内容が盛り込まれていますので、その内容に応じて返済をしていくことになります。
ちなみに、特定調停で決められた返済が守られなかった場合には、債権者の強制執行が可能になります。その際には、お給料の差し押さえなどもおこなわれることがありますので、調停調書に記載されている内容というのは、しっかりと守っていきましょう。特定調停に関しては、調停成立後の返済からが本番だと思っておいたほうがいいかもしれません。