特定調停とは

 特定調停ってどんなもの?

 

特定調停というのは、調停という言葉からもお察しの通り、裁判所が間に入ってくる債務整理の形です。債務整理にもいろいろな方法がありますが、その中のひとつで、比較的新しいものになります。
支払うことができないわけではないものの、このままいけば確実に支払えなくなるという状態の方は多いかと思います。そういった方のためにあるのが特定調停というものです。債務整理の中には裁判所を通さない任意整理というものがありますが、内容的にはこの任意整理と同じです。特定調停というのは、裁判所が間に入る任意整理ということもできるでしょう。
基本的には利息を含めた借金の計算をし直して、計算し直した金額をだいたい3年くらいで返済していくという形におさめていきます。裁判所を間に挟むということで、法的な知識が必要になると思っている方も多いことでしょう。確かに、法的な知識はあったほうがいいのですが、仮に専門知識がなかったとしても特定調停は可能です。任意整理の場合には、弁護士や司法書士の方に依頼しなければいけませんが、その費用を捻出できないという方でも特定調停をすることができるのです。

 

街角法律相談所

樋口総合法律事務所

おしなり法律事務所

 

 

3つの質問から借金解決方法を示してくれる無料診断が特長です。


無料診断はこちら

 

 

24時間365日、全国対応。着手金が用意できなくても督促を止めてくれます。


無料相談はこちら

 

 

全国対応、相談無料、取り立てストップ、分割払い可の4つの安心です。


無料相談はこちら

 

 調停成立後からが重要

 

特定調停においては、調停の成立と同時に調停調書というものが作られることになります。この調停調書というのは、確定判決と同じだけの力があると言われています。確定判決というのは、文字通り、確定の効力を持った判決のことです。言ってしまえば、取り消しのできない判決です。調停成立後に、この調停調書というものが作られてからが重要になってきます。
仮に、調停が成立して調停調書が作られた後で支払いができなくなったとします。そうなってくると、お金を貸した側である債権者は訴訟などの手続きをスキップして、いきなり強制執行ができるようになります。強制執行となってくると、お給料の差し押さえや財産の差し押さえなどがおこなわれることになります。
つまり、特定調停で借金を軽減してもらうことができたら、調停調書に基づいて約束通りの返済をしていかなければいけないのです。特定調停で調停が成立して一安心という方もいるかもしれませんが、特定調停においてはむしろ調停が成立した後のほうが本番になってくるのです。裁判所を間に挟むからこそ、その効力というのも強くなってきます。決められた返済期間中には、絶対に返済が滞らないようにしましょう。